Webマーケティング webマーケティング全般 副業

Webマーケターのなり方とは?未経験から転職する方法や必要なスキルを解説

Webマーケターになりたい方の中には、これらのような疑問をお持ちの方もいるでしょう。

未経験からWebマーケターになれるの?

最近Webマーケターが人気だけど、どんな仕事なのだろう?スキルがなくてもできるの?

結論としては、未経験者もWebマーケターへの転職が可能です。転職をスムーズに進めたい場合は、Webマーケティングの知識やスキルを身につけておくとよいでしょう。

この記事でわかること

  • 未経験からWebマーケティング業界へ転職する方法
  • Webマーケティングの仕事内容
  • 必要な資格やスキル

Webマーケティングの仕事内容

WebマーケティングはWebを使って集客し、商品の購入やサービスの利用を促すのが仕事です。Webマーケティング担当者をWebマーケターと呼びます。

昨今Webマーケティングは、個人向け企業向けともに需要が増えている状態です。Webマーケティングの需要が増えている背景には、パソコンやスマートフォンを日常的に利用する人が増えていることがあげられます。

各企業にとって多くの人たちが常に見ているパソコンやスマートフォンからアプローチできるWebマーケティングは、効率的に利益の向上を目指せる重要な経営戦略となっています。

Webマーケティングの仕事内容を具体的に見ていきましょう。

Webを利用して集客する

Webを利用した具体的な集客方法には主に以下のようなものがあります。

  • Web広告運用
  • SNS運用
  • SEO
  • チャットボット
  • メールマーケティング

Webマーケターは顧客の依頼に合わせて施策を決めてマーケティングします。たとえば売りたい商品やサービス、ターゲットに合わせてWebコンテンツを上位表示させるSEOを利用するのか、Web広告を運用するのかなどを決めるのも仕事の一つです。

Webマーケティングはさまざまな施策があるため、複数の施策を駆使することもあれば企業や部署によっては、一つの施策に特化して活動する場合もあります。

Webマーケティングの効果を分析・改善

Webマーケターは常にデータの分析と施策の改善を繰り返しています。なぜなら効果的なマーケティング施策を打ち出して、成果をあげる必要があるからです。

たとえばWebサイトへの流入経路、離脱率やサービスの登録、商品の購入状況などを数値化してユーザーの行動を分析します。分析で得た結果をもとにWebサイトの変更や改善を重ねて、売上アップや目標達成を目指すのがWebマーケターの役割です。

「Webマーケティングはやめとけ」といわれる理由

インターネット上では「Webマーケティングはやめとけ」といった意見を目にすることもあるでしょう。否定的な意見がある理由として、主に以下のようなことがあげられます。

  • マーケティングの結果は数字で可視化される
  • マーケティング戦略には正解がない
  • 専門的なスキルを求められる

Webマーケティングの結果はすべて数字で表されます。Webサイトのアクセス数やWeb広告のクリック率など、結果が目に見えるため成果が出ていなければ上司や顧客からプレッシャーをかけられる場合もあるでしょう。

しかしマーケティング戦略には明確な正解がありません。効果的にマーケティングするためにもSEOやWeb広告運用などの専門的なスキルを活用して、常に分析や改善をしながら成果をあげることを求められます。

とはいえWebマーケティング業界は、成果が出ればスキルや経験を評価されやすい面もあります。身につけたスキルや経験を活かして転職もしやすく、収入アップも目指せるでしょう。

未経験からWebマーケティング業界へ転職する方法

未経験者がWebマーケターになるには以下のような方法があります。

  • 転職エージェントや転職サイトから応募する
  • Webマーケティングスクールでスキルを身につけてから転職する
  • Webマーケティングを独学で学んで転職する

それぞれ解説します。

転職エージェントや転職サイトから応募する

転職エージェントや転職サイトを利用して、Webマーケターの求人に応募してみましょう。

主な転職エージェントは以下のとおりです。転職エージェントは求人紹介や職務経歴書の添削、面接対策などをサポートしてくれます。

  • リクルートエージェント:転職成功実績が豊富、専門のコンサルタントが転職をサポート
  • doda:年収500万円以上、大手企業などの求人が約10万件あり
  • マスメディアン:マーケティング・クリエイティブの求人数や転職支援実績が豊富

続いて、主な転職サイトを紹介します。転職サイトは求人検索から応募まで自分のペースで進められるのが特徴です。

Webマーケティングの需要は増え続けており、Webマーケターは常に人材不足の状態です。未経験者歓迎の求人もあるため、複数の転職エージェントや転職サイトに登録して求人をチェックしておくとよいでしょう。

Webマーケティングスクールでスキルを身につけてから転職する

Webマーケティングスクールを受講してスキルを身につけてから、Webマーケターへ転職する方法もあります。Webマーケティングスクールでは実践的なカリキュラムを設定している場合が多く、短期間で実務に役立つスキルや知識を習得しやすいのが特徴です。

Webマーケティングスクールには、主に以下のようなスクールがあります。

プロのWebマーケターが講師を務めるWebマーケティングスクールを受講すると、未経験者も「実践で使えるスキルや知識を学べた」と自信を持って転職活動ができるでしょう。また卒業後の転職支援や案件獲得のサポート付きのWebマーケティングスクールもあるため、未経験者も転職しやすいのがメリットです。

Webマーケティングを独学で学んで転職する

Webマーケティングの本や動画などを使って独学で学び、Webマーケターになる方法もあります。インプットした知識は自分でブログ運営やSNS運用などをしてアウトプットしましょう。インプットとアウトプットを繰り返すと知識やスキルが定着しやすくなります。

また個人ブログを検索結果で上位表示させた、SNSのフォロワー数が1万人以上などの実績があると転職も成功しやすいでしょう。実績があると実践で使えるWebマーケティングの知識やスキルがあることを、企業の採用担当者にアピールできます。

Webマーケティングに必要な資格

結論としては、Webマーケティングに必要な資格はありません。Webマーケターは資格よりもスキルや経験、実績を重視される職種だからです。しかし実績がない未経験者は、資格を取得し実務に役立つ知識やスキルがあることを企業の採用担当者へアピールするのもよいでしょう。

Webマーケティングの資格には主に以下のようなものがあります。

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • Web検定
  • ウェブ解析士
  • GoogleAdwords認定資格

Webマーケティング関連の資格は、無料で取得できるGoogle認定資格のGoogle AdWords認定資格から、ウェブ解析士のように講座を受講して取得するものまであります。

Webマーケティングに求められるスキル

Webマーケティングで求められるスキルは、主に以下のとおりです。

  • マーケティングの知識
  • 論理的思考力
  • 数値化されたデータを分析する力
  • 情報収集スキル
  • コミュニケーションスキル

それぞれ解説します。

マーケティングの知識

Webマーケティングはマーケティングの知識を活かして、Web上で集客し成果をあげるのが仕事です。そのためマーケティング全般の知識を求められます

たとえば3C分析や4P分析などのマーケティングの専門用語を使う場面もあり、マーケティングの知識がなければ業務中の会話についていけない可能性もあるでしょう。

ちなみに3C分析とは以下のとおりです。

  • Customer:市場や顧客のニーズを分析
  • Competitor:競合の強みを分析
  • Company:自社の強みを分析

4P分析は商品やサービスを分析する際に使用する用語です。

  • Product:製品戦略
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:販売促進

マーケティングの知識はWebマーケターにとって必須のスキルです。

論理的思考力

Webマーケティングでは論理的思考力を求められます。成果をあげるために論理的に考えながら高速でPDCAサイクルを回す必要があるからです。

WebマーケターのPDCAサイクルは以下のとおり。

  • Plan:課題を発見し分析、施策を計画
  • Do:施策を実行、結果を数値で可視化
  • Check:施策の結果を分析、評価
  • Action:評価をもとに改善

論理的思考力は上司や顧客にWebマーケティングの施策を提案する際にも必要なスキルです。筋道を立てて説明できると説得力が増し、企画を採用してもらえる確率が高まるでしょう。

数値化されたデータを分析する力

Webマーケティングの結果はすべて数値化されます。数値化されたデータを分析する力もWebマーケターには必要です。データを分析すると現状を把握できるため、改善点も見えてくるでしょう。

たとえばWebサイトのアクセス数や問い合わせや購入の割合などの数値から分かることを分析し、どのような点を改善するか考えます。データの分析と改善、施策の実行を繰り返すことでユーザーに合わせた効果的な施策を打ち出せるのです。

情報収集スキル

Webマーケターには情報収集スキルが求められます。なぜなら世の中の流行に合わせたマーケティング施策を打ち出すためには、常に効果がありそうな最新の情報を仕入れておく必要があるからです。

Web業界では情報の移り変わりが激しく、つい最近まで効果的だった施策も急に成果が出なくなる場合があります。また顧客から「若者をターゲットにした商品を売りたい」「最近よく見る広告を試してみたい」などと突発的に依頼されることもあります。

顧客の疑問を解消し要望に応えて成果をあげるためにも、大量の情報の中から必要な情報を収集するスキルは欠かせません。

コミュニケーションスキル

Webマーケターは顧客や社内のメンバーなどとかかわりながら業務を進める必要があります。数値を分析しながら、ひとりで黙々と作業するばかりがWebマーケターの業務ではありません。さまざまな人とかかわるため、コミュニケーションスキルも求められます。

たとえば顧客や社内チームのメンバーに施策を打ち出す理由を分かりやすく伝えることや相手の考えを聞くといったスキルも重要です。また顧客の上層部と打ち合わせをする機会もあるため、基本的なビジネスマナーを活かしたコミュニケーションが求められます。

未経験者もWebマーケターになれる

Webマーケティング業界では未経験者を歓迎する求人が増えています。そのため未経験者もWebマーケターになりやすいでしょう。転職の際に企業の採用担当者にアピールしたい場合は、Webマーケティングの知識やスキルを身につけておくのも一つの方法です。

インターネットの普及に合わせて、今後さらに需要が高まっていくと予想されるWebマーケターに転職してスキルアップや年収アップを目指しましょう。

-Webマーケティング, webマーケティング全般, 副業