SEO対策に効く被リンクとは何なのか

パソコンの画面にあるSNSのアイコン

SEO対策の中で、自分のサイトのコンテンツを充実させることと同じくらいに重要視されるのが被リンクの質です。もちろん数の面でも、どれだけのサイトから被リンクを受けているのかというのは、SEOの判断の中に入っていますが、むしろ単純な数だけを増加させ続けると、逆に順位降格のペナルティに成る可能性があります。

SEO対策においては被リンクは重要な物であるのは間違いないのですが、単純にそれは数を増やせば良好になるわけではありません。単純に数を増やすという意味では、ランキングサイトや極端に言えばジャンルがまったく関係ないようなサイトを相手にしていてもいいわけで、これらの無関係な数字稼ぎの様なリンクの取り方をブラックハットなどと呼んで、悪質なスパム行為という判定をされることがあります。実際に一昔前には、何のキーワードに引っかかるだとかどんな記事が置かれているかなど関係なく、Web上の無関係な場所からのリンクであってもその数で検索順位が上位になっていた時期が存在しており、これはユーザーにとっては調べたいキーワードと記事が一致せず、非常に意味がない外部接続という状態が蔓延していた時期がありました。

そこで重視されるようになったのが良質な自然リンクです。これはお互いの記事やコンテンツ内容に強い関連性があり、ユーザーが疑問をもったキーワードなどに必要な別の単語や情報が必要になった際に、そのリンクを使うことでより良い情報を得たり、さらには別の違う事への興味を発生させるなど、ユーザーとしてはとても有益なものです。読んで字の如く、これらは互いに必要だと認識したからリンクを結ぶものであり、外部サイトを再度検索して探さずとも、その場に【こちらのサイトがこの案件には便利です】と置いてくれていることで、素早く必要な情報を集めることが出来るなど非常に有益な被リンクと言えます。

こういった自然発生しているリンクこそSEO対策には重要で、Web上を何度も行き来せずとも外部の必要情報が手に入るリンク関係こそ、SEOが本来必要としていた被リンク効果で、これが上手く使われているサイトは上位評価されやすくなっています。このことからも薄っすらと見えてきていますが、GoogleSEOはそれぞれのサイトにカテゴリやジャンルを付けるだけでなく、良質なサイトかどうかも集計しており、その信用できるサイトといかに被リンクを結んでいるかを大きく評価していることがわかります。

関連記事