SEO内部対策のポイントとは

次にSEOを行う上でのポイントを見て行きます。まずは内部対策に関係している部分ですが、主に内部対策とはサイトの内容整理が基本で、コンテンツの質を維持向上させるために、古い情報や誤解があったりした場合の内容の修正などもこれに含まれてきます。

ただ、内部対策の一番のポイントはそういったコンテンツの充実化というよりも、もっと根本的なサイトの利用しやすさに重点を置いた方が効果的という事があります。これはSEO効果を狙っていくらコンテンツを充実させても、集客が無くては順位の反映はいつまでたっても起こりませんし、人がたくさん来るためにはもっと根本的な順位繁栄を行うための情報がSEOに届かなくてはなりません。つまりは内部対策の要は、サイトマップなどのサイト内整理を行うことで、まずはクローラーと呼ばれる情報収集アルゴリズムを呼び込む事が重要なのです。

これはGoogleがSEOを行うための情報を収集する際に、どこから情報を得ているかという話にもつながっており、当然ペナルティやそのほかサイトがどのキーワードやタグに属しているかなどの情報も一つ一つを人間の手で行って、それを何かしらのシステムに掛けているわけではないからです。Google内にはクローラーと呼ばれる各サイトを常々巡回して、そのサイトなどをテキスト化した情報として持ち歩いているアルゴリズムが存在します。実際に人間の目で確認するシステムも導入されてはいますが、人間の目では見落としもありますし休まないといけないこともあり、これだけ膨大になったネットワーク情報を全て管理するのはまず不可能です。そこでこのクローラーと呼ばれるシステムが情報を収集して、必要に応じてスタッフが直接サイトを確認に行くという方が一般的です。(もちろん例外的にスタッフが確認に来ているケースもあります。)

なので、内部対策においてはこのクローラーがエラーなく、尚且つ円滑にサイトを回って行ってくれることが非常に重要で、サイトマップを設置して出入りや必要情報との内部リンクを取りやすくするなどまずは巡回しやすいサイトであると判断されなくてはなりません。このクローラーのテキスト化がスムーズに行われることで定期的に招き入れて、その都度新しいコンテンツや良質なコンテンツがあることを知ってもらうことで、早い段階から検索順位への反映を促してもらえるようになるのです。そういう意味で、内部対策の要はサイト内の整理整頓がポイントと言えます。

関連記事