Googleは何を評価するのか?

パソコンを使用している女性

SEOにおいて成果を出すために、まずはGoogleがどういった判定基準で評価を出しているかという事も気に掛けなくてはなりません。ページにおける閲覧数やアクセス数、アクセス者の滞在時間などといった数値化できる要素というものを評価していると言えば何となくわかったような感覚を覚えるかもしれません。そういった要素のためのコンテンツを作るのに何が必要かとか、それ以外の要因はないのかというのも考えていきます。

第一にコンテンツの質というものは重要です。これはユーザーのアクセス数とその滞在時間などからもある程度推察されている項目ではありますが、GoogleのSEO判断においては自動的にクローラーが集めた情報によるサイトページの確認だけでなく、定期的なスタッフによる閲覧が行われているために、記事の内容やオリジナル性、そのブログ内の情報がどこまで真実に基づいているかなどという事も、人の目を通して判断されています。ですので、単純にアクセス数を増やすのに検索ワードを多くヒットするように設定したり、ブログのジャンル範囲を広げるなどしていろいろな情報を載せているように見せたとしても、その内容がWeb上の他のサイトで簡単に見つかるような情報ばかりをただ焼き増ししたような内容だったり、単純にコピーペーストしたモノだったなら、評価されるどころか、逆にペナルティ対象になったりしてしまいます。

第二に記事や検索内容の質とは別にサイトの使いやすさ、ユーザビリティの面を評価もしています。例えば最近だとよく聞くのがモバイルファーストです。これは単にモバイル系端末のサイト構成を先に作るというだけの意味ではなく、モバイルを優先して構築することで、デスクトップパソコンよりもスマホやタブレットなどで閲覧しやすいサイト構成をしている事を指していて、特に最近は出掛けた先などで、ほんの少し人を待つ時間だったり待ち合わせまでに時間がある場合、他にもほんの少しの休憩時間にモバイル端末を使ってサイト利用を行う人が増えている観点から、単純なWebを使うという事ではなく、相手が使っている端末がどんなタイプであれ、見やすくサイト構成がされている事などが評価対象項目になっています。これに伴い、無線でのネット接続や移動しながらの事も考慮して、コンパクトにデータ送信料を考慮した閲覧の際の速度が安定する様なサーバー選びがされているかなどの項目も評価基準になってきています。

関連記事