ドメインパワーをあげてみよう

SEO対策を考える上で、もう一つ忘れられないのがドメイン関連の話です。
これ自体は直接的にどんなドメインだから、SEO対策に成るというものでは無くドメインの質ともいうべきドメインパワーが高いことによって、同じキーワード検索などでも早い段階で順位の上昇を促せるといった物になります。

では、どうやったらドメインパワーを上げられるかという話ですが、被リンクを多く持つことがまず一つ考えられます。
これは非常に多くのサイトから被リンクを受けている信用できるドメインであるという事を示しており、それ自体が順位上昇へ多少の影響を及ぼします。
次に単純にドメインの使用履歴が長い事、ドメインエイジが高い事がドメインパワーを左右します。
これは長く使用されている信用できるサイトという判定がされるから起こるモノで、この二つの内容を見て察する方もいるかもしれませんが、中古ドメインを購入するのが一番手早くドメインパワーを手に入れる方法ではあります。

ブログをやるにも、記事を掲載してからGoogleに判定されるまでには新規ドメインではどうしても時間が掛かり、どうしても良質な記事を作っても最初の内はGoogleSEOでもまだまだ若いドメインだからと判断を遅らされるケースがあります。
中古ドメインの効果について、アクセス中古ドメインというサイトのブログに載っていましたので、以下に引用しました。

中古ドメインを利用することで、新規ドメインでかかってしまう約6か月間を短縮できます。 中古ドメインはインデックススピードや検索エンジンからの評価が受けやすい特徴がありますので新規ドメインに比べて約6か月間の時間を無駄にせずに済みます。 つまり中古ドメインでサイトを運用すれば、新規ドメインでの約6か月後と同等の位置からのスタートができるということです。

引用元:【SEO効果】中古ドメインのSEO効果の持続期間について | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

それ故に新規ドメインを使うと、コンテンツの良質さに反して評価が低いなんてことは結構起こったりします。
ですがこれも言った通り時間が経てば当然解消されていきますし、特に急いで順位上昇を願う場合を除いては、良質なサイト運営を続けて居ればいずれついてくるようになります。

ただ、言った通りネットワーク社会の現代では情報が出回るのは足が速く、企業宣伝やアフィリエイトと言った収益を考える場合には、この数か月が非常に大きく明暗を分けるなんてことも多々存在します。
同じキーワードなのに他のブログや記事に順位でどうしても追い付けない、コンテンツはしっかりしているはずなのにSEO効果が今一つ感じられないという時には、中古ドメインなどを探してみてドメインパワーを上げてみるのも一つの手段と言えます。

ですが、あくまでもドメインパワーはSEOに良好に働くだけのものでは無く、声を大きく上げてSEOに自分を早くに的確な評価で判断してもらうための物ですので、自分では良質なコンテンツと思っていてもユーザーニーズに合わなかったりした場合にはドメインパワーを上げても順位が上昇しないという事もあり得ますので、ドメインパワー=SEO対策ではないという事だけ覚えておいてください。

関連記事